トレイルランニングレースに出場して来ました

トップページ » トレイルランニングレースに出場して来ました

2015年11月4日

土曜日、日曜日を休暇を頂いてトレイルランニングレースの

 山岳耐久レース、ハセ◯ネに出場して来た。

トライアスロン仲間のIgaさんが仕事の関係で出場できなくなったので誰か代わりに出場しない?と声をかけてくれたので不正になるけどIgaさんの名前で出場してみた。

レースまで約1ヶ月の練習期間だったので火曜日に開催してあったFun Trailsのセミナーに2回参加してコースを走り、上り方や下り方、走り方などをナント今回のハセ◯ネで優勝した奥宮俊祐選手が講師としてレクチャーしてくれた。

このセミナーに参加して本当にトレランの上り、下りの足の運びかたを教えてもらい完全なマスターなどは出来ないがそこを意識出来たことで走り方が(歩き方)が随分と変わったと思う。

大会会場の武蔵五日市には車で行きIgaさんから紹介してもらった駐車場を利用した。

車内でレースで使うものを確認しリュックに詰め込んで歩いて会場に向かい10時前だったけど受付がすでに始まっていたので受付をIgaさんになりきって山岳保険カードを提出して無事に済ます(笑

荷物を置くために体育館に行くと既に人だらけで入れる気がしなかったので体育館の外にある下駄箱の前を陣取ってみた。 外なのでちょっと寒いけど、まっいいかっ!!

スタートまでまだ時間があるのでブースの方へ行ってみたりして何人かの知人に会えて会話したりして時間を過ごした。

スタートは13時!

Fun Trailsのセミナーに一緒に参加していたShinoharaさんと14時間ゴール予想のプラカードの列に並んでスタート。

渋滞なので走り始めてもウォーキングに近いランでトレイルコースに向かいます。

今熊神社を過ぎて完全に前が渋滞で止まってしまい動けません。

上の方をスズメバチが何匹か飛んでいるな〜と思い「変に動いたりすると危ないんだよ」なんて思っていたら、????

左脹脛が痛いぞ〜〜!!!

な、な、なんとデカイスズメバチが左脹脛を刺しているじゃ〜ないですか〜!

今まで刺された蜂の中で最大級のスズメバチでした〜(大汗

渋滞でほとんど動いてなかったけど列から横にそれて携帯してたポイズンリムーバーを取り出して何度か毒を吸い上げておいた。

これで多分大丈夫だと思うけど、この後から脈を上げて15時間ぐらい動いて毒が体内に回って変な症状がでたりしないかちょっと不安になった。

結局、レース中は刺された痛みはあったけど変な症状もでなく一安心でした。

レース前から左脹脛の調子がイマイチだったのでテーピングをして、その上にコンプレッションタイツを履いていたのだけどスズメバチに刺されたのが良い針治療になったのか(?)脹脛の痛みは出なかったので良かった。

渋滞はイッポチ山を過ぎるまで続き列になって動くしかなかった。

DSC01368

生藤山あたりでボチボチ日が暮れてきたのでリュックの中からヘッドライトとハンドライトを出して夜道に備えた。

電池の持ちを良くするためにメインをハンドライトにして動き続けて、下りの荒れ場やペースを上げて走れそうな時にヘッドライトを点灯して走った。

暗くなってからはライトの明かりの部分だけしか見えないのでどの辺りを移動しているのかさっぱり分からず目の前の明かりに照らされた場所を進むだけで、たまに標識があるとやっと自分の居場所をイメージする事ができた。

大沢山から三頭山などのきつい上り坂ではコースの横で座り込んだり横になって休んでいる人たちも多くなり走る事は出来ないけど我慢の歩きを続ける。

三頭山で始めて座り込んでヘッドライト、ハンドライトのそれぞれ電池交換をしておいた。

さすがにその後はライトは明るくなりました。

三頭山を越えたら距離も半分クリアしているし後は下りが多いので気分的には楽になるはずだったけど、ダメージの出始めている脚には下りも辛くなり始めていた。

月夜見山の第2駐車場でやっと人工の明かり〜! そして給水!

ハイドレの中にまだ少し残っていたのでハイドレに水を足してボトルにも入れ、残った水をコップにもらい2杯飲む。 あ〜たくさん水分が飲めるって幸せ〜と思える瞬間でした。

後半が下り口調のコースなはずだけど御前山や大岳山のように上りもまだまだあり我慢のレースです。

この辺りは奥多摩湖からの冷気がくるので靄が出始めてヘッドライトでは足場がみ見辛くなり下側でハンドライトで照らして移動した。

やはり靄には黄色いライトが必要かもね〜。

日の出山までの最後の長い階段を上りやっと夜景を見渡す事ができた〜。

綺麗だけどゆっくり夜景を眺めている時間はなくこれからの長い激坂に備えてシューズの紐をもう一度きつく縛りなおして下山しま〜す。

ヘッドライトもハンドライトも電池交換を考えたのだけどあと11kmと聞いたので1時間ちょっとなら大丈夫だろとそのままスタートしたが何人かで並走しているとなぜだか先頭を走る事が多く神経を使いながらコース取りして走る。

スタートしてから14時間を過ぎて集中力も落ちてきているのが分かり用心して走るがライトの電池が弱くなり明らかに光量が落ちているのも分かったので注意してたけど、ついに下りで脚が逝かれてしまい超失速〜。

みんなに置いて行かれました〜(泣

最後のアスファルトの激坂では膝が悲鳴を上げてヨロヨロ進むだけどラストスパートなどというもは全くできませんでした。

ゴール時間が明け方というのもあるけどゴール場所でも思ったより地味なゴールでした(笑

トライアスロンのゴールのように音楽とMCが、なんていう事はありませんでした。

フィニッシュタイム朝の4時06分!

  15″06″29″

 

やっとゴール出来ました〜!

ゴールしてからは暖かいけんちん汁を頂き胃を温めました〜。

体育館横まで戻ってタオルで体を拭いて着替えをして一人でビールでお祝いっす!

ん〜胃に染み渡りました〜。

ゴール後に今年の優勝がセミナーの講師をしてくれた奥宮俊祐選手!

女子の優勝がACTIONのお客様でもある北田良子選手だと知りダブル優勝でとってもうれしく思いました!

 

IMG_2757

初挑戦したハセ◯ネ、山岳耐久レース!

レース中は4時間で暗闇に突入するので自分のライトで照らしている所を突き進むだけなので景色などを楽しむ余裕も全くなく会話もレース途中でShinoharaさんとしばらく一緒に走れたのでその時に会話していただけであとは黙々を移動するだけのレースでした。

当然辛いけど、終えてみれば達成感もあり楽し苦、遊べました〜!

 

IMG_2755

来年は、正規のエントリーでトレラン大会を申し込んでみたいと思うのでした。

筋肉痛も月曜日がピークで、今はかなり楽になっています。

ただし、スズメバチに刺された所はいまだに痒い〜〜〜!!!

楽し苦、遊んだ「大人の夜の運動会」は、あっという間に終わるのでした〜。

    kura


Comments (0)

コメント&トラックバック

トラックバックURL





CAPTCHA




所在地 所沢市くすのき台3-18-11 クレセントくすのき台1F
TEL 04-2998-7007
定休日 火曜日・第1、第3月曜日
Copyright(C)2022 ACTION STYLE All Rights Reserved.